01/SEP/2016 No058 バルサvsアスレティック おもしろコメント

2016-08-23

リーガエスパニョーラ第2戦

バルサvsアスレティック 1-0  

・今夏加入したポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、噛みつき男ルイス・スアレスの愛車にオカマを掘った!! スペイン『デポルテス・クアトロ』が報じています。ゴメスにとっては、バルセロナ史上最強3トップの得点王スアレスと事故を起こしてしまい肝を冷やした事でしよう。 事故は21日のトレーニング後にスアレスが駐車場を徐行して出ようとした際、さらにスピードを緩めてしまったのにゴメスが気付かずスアレスの車両後部に衝突してしまった。なお、軽く接触した程度でお互いに怪我はなく、そのまま何もなかったようにスアレスは車を発進させたそうです。

・第2戦は鬼門、難関のサン・マメス球場でのアウエイ戦。ブラボーがマンチェスターシティへと移籍し、この日のキーパーは何とか怪我から復帰したテル・ステーゲン。1年前のスーペルコパでちょんぼで失点を含め4-0の惨敗を期しました。テル・ステーゲンがエリアの外に出てヘディング処理した、そのボールをセンターサークルのサン・ホセに拾われ、完璧な軌道と強さの超ロングシュートを決められてしまいました。センターライン付近からゴール左上隅に決めるのは、恐らく20回蹴って1回決まるかと思われます。今回も再び致命的エラーを犯し悪夢の再現と思つた瞬間、何と顔面ブロックで大ピンチを凌ぎ無失点で試合を終えます。 この試合でもフル出場したセルジ・ロベルトが順調に任務を遂行し、少しづつレベルを上昇させ、ダニ・アルベスの穴を埋め右ラテラルに定着しつつある印象を受けました。攻撃時には絶妙なパスでレオ・メッシやルイス・スアレスをサポートし、時折見せるドリブルも推進力があり、ロベルトがラテラルにいることでラキティッチの負担が減り、右サイドでの活躍が目立つようになりました。近い将来ダニ・アルベスを超えて世界最高の右ラテラル誕生を期待したいものです。 この夜はレオ・メッシ、ルイス・スアレスにリズムと正確性がありませんでした。何時もなら決めれるシュートで上手くボールが足に絡みません。56分のスアレス、69分のメッシとボールを大きく吹かしてしまう珍しいシーンが続きました。