Entries by Barcelona Tatsujin

29/OCT/2016 No064 バルサVSマンチェスターシティ

チャンピオンズ第3節 バルサVSマンチェスターシティ 4-0 ・異次元のメッシ ・珍プレイ ・金縛で止まった5秒間  ・ルーチョバルサ対ペップシティの対戦がやってきました。バルサで黄金時代を築いた名指揮官グアルディオラ率いるマンチェスター・シティとの対決は、パスフットボ–ルを基本とする両チーム同士のため、試合を通じてパス数が少なかったのに驚きました。バルサのパス総数は453(成功は385本で85%)、対するシティは405(成功は336本で83%)。バルサは一試合平均800~900本のパスを回します。今回は450といつもの約5割でした。2つのチームが同じスタイルでプレーすることで、ボールの奪い合いからパス数が激減したと思われます。またCAMP NOUでのチャンピオンズ戦では12試合連続勝利、この試合で更に記録を13連続に伸ばしました。 ・メッシの一点目は奇妙な現象から生まれました。メッシからイニエスタに送られたパスが跳ね返り、ゴール前の僅かなスペースに止まります。ブロックに当たったデフェンスはすってんころりん、残る3人のシティ選手たちは一瞬金縛りあったかのように呆然と立ち止まります。メッシが楽々とボールへ追いつき、2つのフェイントでクラウディオ・ブラボを横に倒して流し込みます。結果はレオ・メッシのハットトリックとネイマールの1得点によってルーチョチームが4-0で大勝します。またクラウディオ・ブラボが53分にパスミスを犯し、そのボールをスアレスがカットして浮き球シュートを上げます。ここでポジションを忘れてペナルティーエリア外で手を使うという珍プレイを犯し一発退場となります。クラウディオ・ブラボは百戦錬磨、そしてCOPA AMERICAで優勝したチリチームのGKでもあります。テル・ステーゲンは最後まで集中力を失うことなく数々のセーブで無失点を守り切ります。CL3連勝を飾ったことで、グループC突破へは大きく前進しました。 ・2点目は61分に、デブルイネへの縦パスをセルヒオ・ブスケツが奪い取り、イニエスタからメッシへとパスが回り、最後はメッシの正確なミドルシュートがGKカバジェロの左手の狭いスペースを射抜きます。3点目は69分に、ギュンドガンの不注意なバックパスをルイス・スアレスが奪い、自分でも撃てるところを右のメッシへプレゼントパス。ここでもGKバジェロの動きをよく見極め、逆側を狙う左足インサイドキックでハットトリックが完成します。

17/OCT/2016 No 063 リーガエスパニヨーラ 第6、7、8節

リーガエスパニョーラ第6節 スポルティング・ヒホンVSバルサ  0-5 おもしろコメント ・メッシ欠場で前線にネイマール、ルイス・スアレス、ラフィーニャ、中盤にセルヒオ・ブスケツ、アルダ・トゥラン、アンドレ・ゴメスが入ります。この試合のキラキラ星はカンテラ出身のサイドバックのセルジ・ロベルトでした。一点目はアルダ・トゥランからの浮き球スルーパスに反応したスアレスが抜け出し、飛び出したGKイバン・クエジャルをつま先のワンタッチでかわして、無人のゴールに流し込みます。二点目はネイマールによる絶妙なるエリア内へのパスにセルジ・ロベルトが追い付き、速く正確なセンタリングにニアポスト前へと詰めたラフィーニャがジャンプヘッドで合わせて0-2。息の合ったカンテラのゴールを見るのは実に嬉しいことです。セルオ・ロベルトは前任のダニ-アルベスの動に対して静の印象ですが、かといってロベルトが守備的かというとそうではなく。攻撃参加のタイミングが実に良く、センタリング精度においてはすでにアルベスを上回っています。 ・試合後、ネイマールは選手間や審判団との挨拶を済ませると、障害を持つ相手サポーターの下へと歩み寄り、車椅子越しに抱擁を交わすと自身のユニフォームをプレゼントしました。「後半が始まる前だった。ネイマールが僕達のいるゾーンをじっと見つめていたので、僕はユニフォームを交換できないか問いかけるジェスチャーを送った。すると彼は、ウィンクとサムズアップ(親指を立てるジェスチャー)で応えてくれた。そして試合後、彼はピッチを後にするかに見えたが、一緒にいた妹に『もう少し待とう』と告げて座っていると、僕の下へと歩み寄ってユニフォームを渡してくれた」   リーガエスパニョーラ第7節 セルタvsバルサ 4-3 面白くないコメント FCバルセロナがまたもやセルタ戦(バライードス)で勝点を取りこぼしました。昨年は4-1で苦杯を舐めた同スタジアムで、今年は4-3の敗北。11分間で3-0とされ、テル・ステーゲンが初歩的エラーを犯しさらに失点、スアレスは孤立し、ネイマールもまた多勢に無勢で見せ所が無しでした。前半のバルサは中盤でボールをコントロール出来ず、行ったり来たりのドタバタ劇でした。後半からイネエスタが入り、やっと中盤でボールを落ち着かせることが出来ましたが、その時点からの逆転には体力(スピード)と時間が残されていませんでした。   リーーガエスパニョーラ第8節 バルサvsデポルティーボ 4-0 おもしろコメント 注目が集まっていた右ラテラル問題。誰がスタメンに出場するか、ルイス・エンリケが選択したのは、マスチェラーノ、ピケ、マティエウによる2度目の3バックでした。アレイシは結局ベンチいりもせず(哀れ)、事実上の戦力外通告でしようか。今回の3バックはかなりスムーズに展開して進化がうかがえました。グラジオラ監督も念願だった3バッツを是非実戦化して欲しいものです。パスの下手なネイマールがこの試合で絶妙なアシストを決めて3-0、4-0に貢献しました。3点目はスアレスがフエントでマークを外した僅かなスペースにネイマールがボールを送り込み、ウルグアイ人デランテロはGKを背にして受け左足トラップで回転すると、次の瞬間にはもう前を向いて左足シュートを放ち、ポストプレーからゴールを決めてしまうルイス・スアレスによる超曲芸的ゴールが決まります。4点目はゴール左前に一瞬出来たスペースにボールを送り、これを途中出場したばかりのメッシが猛然とラッシュしてキーパーの頭上に蹴り込みます。どちらのゴールも正に阿吽の呼吸で決まりました。彼らは目が合った瞬間にボールの行先が分かったと思います。デポルティーボ戦はキックオフから試合に集中力があり、相手のカウンターを阻止するべく相手ボールによくプレスが効いていました。右サイドを担当したアルダがきっちりとその任務を果たしていたのも印象的でした。  

23/SEP/2016 No062 レガネスVSバルサ/バルサVSアトレティコ・マドリー おもしろコメント

リーガエスパニョーラ第4節 レガネスVSバルサ  1-5  友情と信頼のゴール ・レガネスも今季一部に昇格したチームです。アラベス戦のような取りこぼしはもう絶対許されません。この試合でルイス・エンリケ監督はブスケツをバルセロナに残し、また突然大胆な3-4-3の布陣で臨みます。最終ラインは右からマスチェラーノ、ピケ、ウンティティ。中盤は横一戦にラフィーニャ、ラキティッチ、イニエスタ、ジョルディ・アルバ。前線はMSNトリデンテ。これまでのレガネスは守備的な試合をしてきましたが、なんとバルサ戦ではラインを高く上げて7人でバルサの最終ラインへ圧力をかけることを選択しました。バルサはハイプレスに苦戦、また選手配置が普段とは異なることもあってパスをつなぐことが出来ず、前半の15分はボールが行ったり来たりのドタバタ劇でした。局面ごとの数的優位も作れず、押し込まれてはどうにか跳ね返す繰り返しでした。特にマスチェラーノは慣れないポジションとスピードあるマチスへの対応に四苦八苦、そして再三再四突破を許します。後半は4バックに修正されましが、終盤も再び押し込まれ、終始ドタバタした満足のいく内容ではありませんでした。 ・しかしこの試合では美しい友情(信頼)溢れるゴールが見れました。まず一点目はメッシのワンタッチからスワレスにパスが渡り、これをスワレスが猛牛のようなパワーでゴール近くまで持ち上がります。猛牛に絡みつくハイエナを振り落とし、何が何でもメッシにクロスを送ると言う気迫がプレーから伺えました。二点目はメッシが中央でボールを受け、倒される寸前の体制で踏ん張り、何が何でもスワレスにクロスを送ると言う友情、情熱と執念を感じました。またこの試合ではネマールが異次元の足の速さと加速を見せつけました。まさに走る姿は猟銃の音を聞いて猛然とラッシュするカモシカのようです。5点目は守備に走り回っていた伏兵ラフィーニャが、突然右サイドから豪快な弾道のミドルシュートをゴール左角に決めます。    リーガエスパニョーラ第5節 バルサVSアトレティコ・マドリー  1-1  メッシが3週間のダウン ・バルサにとって長い間アトレティコ・マドリーはカモでした。ところがシメオネが監督に就任するやダメチームが常勝チーム生まれ変わりました。3年前にはスペインリーグで優勝、またアトレティコはここ数年で2度チャンピオンズで準優勝をしました。 ・ゲームが始まるとアトレティコ・マドリーからいつもの激しさが見られません。自陣に引いて堅固な守備網を形成。バルサは統制された守備網を崩せずライン裏もほとんど突けません。シメオネの戦略は前半を0-0で守り、体力(スタミナ)を後半に温存して1点狙いの臭いがプンプンします。こうなるとバルサは何が何でも前半に1点決めて亀の子軍団を引っ張り出さなければなりません。前半41分に理想的時間帯に得点が生まれます。イニエスタが送り込んだ高精度なセンタリングにイバン・ラキティッチが頭で合わせて1-0!この完璧なヘディングシュートで前半が終了します。後半に入ると同点を目指すアトレティコが前へと出てきた為に、試合は行き来が激しくなります。メッシが50分過ぎ、ゴディンとボールを競り合った直後に右太もも(内転筋)に痛みを感じてピッチに座り込んでしまいます。メッシの負傷がチームに精神的影響(動揺)をもたらしたのでしようか。その2分後、ピッチ中央でのなんでもないフリーキックで集中力を欠いて、フェルナンド・トーレスのヒールパスでピケが股を抜かれ、途中出場のコレアがマスチェラーノのスリップ転倒に助けられ1-1の同点弾(ポールに当たり入る)を決めます….。勿体ない失点でした。これでリーガ2試合連続カンプノウで勝利なし、情けない。 ・シメオネチームはおそらく引くことにかけては現在世界最高だと思います。試合終了後のクラブ医療部の発表によれば、メッシの完治に要する期間は3週間とあります。この3週間には10月始めの代表戦に行かせないための期間も追加されてるかもしれません。10月19日に控えるマンチェスター・シティ戦に良い状態で臨めることを祈っています。

14/SEP/2016 No061 バルサvsセルティック おもしろコメント

チャンピオンズ第1戦 バルサvsセルティック 7-0  完全試合、ノーヒットノーラン、コールドゲーム ・9月13日の試合は近年まれにみる素晴らしい内容でしたでした。3日前の冴えない試合から一転したこの変わりよう。3日前の試合後にロッカールームで監督とレギラメンバーの間で言い争いがあったともスポーツ紙が報じています。注目されたバルサvsセルティック戦は全てが完璧でした。センターバックからの配給とボールの持ち上がり、その後数回のパスによって直ぐにシュートに持ち込める体制になります。特にパスの組み立てとリズムが良かったと思います。依然としてネイマールの下手なパスだけが目に付きました。3日前の即席メンバーでは焦りと入れ込んだ動きでバルサ攻撃パターンが作れませんでした。そして今回驚くほどフィットしていたのが新加入のアンドレ・ゴメスです。リズムとポジションの良さは何年も一緒にプレイしているような印象を与えました。キャプテンマークを巻いたメッシがゲームを作り、皆がそれに合わせて動きます。体格で上回るスコットランド勢を速いパス展開で揺さぶり、カウンターアタックを封じ込めました。ジョルディ・アルバの試合前インタビューに「バルサには多くの素晴らしい選手がいるけど、メッシは僕らを別のチームにしてくれるんだ。数年間に渡り、世界一の存在であり続けているし、信じられないことだよ」。 ・先取点は超人メッシが角度のない左サイドからミサイルシュートをキーパー頭上に突き刺します。3点目はメッシとネイマールがフリーキックにスタンバイ、キーパーはメッシが蹴ると読んで右サイドに構えたのを見透かしてネイマールがドローボールをゴール左上に流し込みます。キーパーの反応があと2秒早ければブロック出来たかもしれません。4点目は久々にイニエスタが得意のゴール正面からのダイレクトボレーをゴール右上に決まります。そして6点目はルイス・スアレスが胸トラップで受けたボールをえげつない180度回転回し蹴りで押し込みます。リオネル・メッシがハットトリック、FWルイス・スアレスも2得点、FWネイマールは1ゴール4アシストを記録。“MSNトリオ”が全員得点をあげました。

12/SEP/2015 No060 バルサvsアラベス おもしろコメント

リーガエスパニョーラ第3戦 バルサvsアラベス 1-2  大胆なローテーション、連係プレイなし、昇格組に敗北。 ・今夏加入の3選手をスタメンに入れた立ち上がりはバルサらしいゲーム展開がなく、5-4-1布陣を敷くアラベスの守備が崩せません。木曜日(9月8日)に入団プレゼンテーションをしばかりのパコ・アルカセルはどこに居るか存在感なし、左に入ったデニス・スアレスはネイマールとの連携プレイも出来ず、左サイドのディニェと右サイドのアレイシに殆どボールが回らず、バルサ本来のサイドからの切り崩しが見られません。ネマールに至っては左でボールを受けて推進力の無いドリブルでゴール遠くを左右に走るだけ、こんなドリブルはちっとも怖くありません。またネイマールのドリブルは攻撃の起点も産みません。それに対してアラベスはラインを上げて最後まで崩れることなく組織立った守備を継続させました。アラベスはほとんどの時間を守備に費やしていましたが、カウンターによって攻めに転じた際には、簡単にシュートまで持ち込み、数少ない得点機を確実にものにして、カンプノウで大金星を手にしました。この試合ではバルサ守備陣の甘さも浮き彫りにされました。 ・今回の大幅ローテーションで、特に前半は相手守備陣を崩すバルサプレーが全く見られませんでした。ネイマールは終始個人プレイの繰り返し、攻撃パターンの組み立てが出来ず、アラベス守備網に弾き返される繰り返しでした。バルセロナが最初のシュートを放つたのは前半18分でした。ルイス・エンリケは60分を回ると、温存していた主力選手たちをピッチに送り出していきます。デニス、アルダ、アルカセルに代わって、レオ・メッシ、イニエスタ、ルイス・スアレスが登場。そしてルーチョが選手を代えていた最中の64分、アラベスが再びリードを手にします。マスチェラーノがまさかのクリアミスを犯し、アレイシ・ビダルも全く簡単に突破を許し、イバイのシュートにオランダ人GKはどうにかボールに指先を当てるだけでした。ブラボなら弾き返していたかも??!!と想像します。

10/SEP/2016 No059 イタリアGP決勝 おもしろコメント

F­-1 イタリアGP決勝 第14戦  ・2016年はまだ7戦残っていますが、イタリアGPにて最後のおもしろコメントにしたいと思います。2015年はホンダがマクラレーンのエンジンサプライヤーとして復帰して惨めな惨敗を期しました。日本GPではフェルナンド・アロンソが不甲斐なさの頂点に達し<ホンダエンジンをF-2とマイクで叫びました>。2016年ホンダなら出来る、ホンダに出来ない訳がないと期待しましたがイタリアGPでハッキリと力の差を見せつけられました。今年のホンダパワーユニットはメルセデス、フェラリー、ルノーに続く4番手と言う格付けになります。 モンツァ(イタリアGP)は年間開催コースの中で最もタフなサーキット(高速コース)です。ホンダパワーユニットには不向きで苦戦が予想されていましたが、完全に力負け、本当に悔しい結果に終わりました。ホンダとメルセではガソリン1リットル当たりの出力(馬力)が違い、このようなパワーサーキットではメルセデス・エンジンを搭載した8台のマシンはストレートで伸びがあり、ここがタイム差の要因となりました。残りの7戦でマクラレーン・ホンダは7、8位くらいに入ることもあるでしよう、表彰台は来年まで待たなければならないと思います。ホンダの2017年の3.500cc(1.000馬力)エンジンの開発に大きな期待を寄せて待ちましよう。 ・2017年にストフェル・バンドーンがジェンソン・バトンの代わりにレースシートに座る2年契約の発表がありました。バトンとは復帰オプション付きの2年契約が結ばれ、チームに残り豊富な経験でチームを後押します。また2年契約の3人は団結して仕事にあたり、新人のストフェル・バンドーンを手助けし、最高に競争力のあるF-1カーの開発にも協力します。バンドーンを昇格させつつバトンに休暇を与えるというマクラーレンの決定は、期待のホープの流出を防ぎ、経験豊富なバトンもキープできる最良のドライバーラインアップと言えるでしよう。

01/SEP/2016 No058 バルサvsアスレティック おもしろコメント

リーガエスパニョーラ第2戦 バルサvsアスレティック 1-0   ・今夏加入したポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、噛みつき男ルイス・スアレスの愛車にオカマを掘った!! スペイン『デポルテス・クアトロ』が報じています。ゴメスにとっては、バルセロナ史上最強3トップの得点王スアレスと事故を起こしてしまい肝を冷やした事でしよう。 事故は21日のトレーニング後にスアレスが駐車場を徐行して出ようとした際、さらにスピードを緩めてしまったのにゴメスが気付かずスアレスの車両後部に衝突してしまった。なお、軽く接触した程度でお互いに怪我はなく、そのまま何もなかったようにスアレスは車を発進させたそうです。 ・第2戦は鬼門、難関のサン・マメス球場でのアウエイ戦。ブラボーがマンチェスターシティへと移籍し、この日のキーパーは何とか怪我から復帰したテル・ステーゲン。1年前のスーペルコパでちょんぼで失点を含め4-0の惨敗を期しました。テル・ステーゲンがエリアの外に出てヘディング処理した、そのボールをセンターサークルのサン・ホセに拾われ、完璧な軌道と強さの超ロングシュートを決められてしまいました。センターライン付近からゴール左上隅に決めるのは、恐らく20回蹴って1回決まるかと思われます。今回も再び致命的エラーを犯し悪夢の再現と思つた瞬間、何と顔面ブロックで大ピンチを凌ぎ無失点で試合を終えます。 この試合でもフル出場したセルジ・ロベルトが順調に任務を遂行し、少しづつレベルを上昇させ、ダニ・アルベスの穴を埋め右ラテラルに定着しつつある印象を受けました。攻撃時には絶妙なパスでレオ・メッシやルイス・スアレスをサポートし、時折見せるドリブルも推進力があり、ロベルトがラテラルにいることでラキティッチの負担が減り、右サイドでの活躍が目立つようになりました。近い将来ダニ・アルベスを超えて世界最高の右ラテラル誕生を期待したいものです。 この夜はレオ・メッシ、ルイス・スアレスにリズムと正確性がありませんでした。何時もなら決めれるシュートで上手くボールが足に絡みません。56分のスアレス、69分のメッシとボールを大きく吹かしてしまう珍しいシーンが続きました。

29/AUG/2016 056 F­-1ベルギーGP決勝 おもしろコメント

F­-1 ベルギーGP決勝 第13戦 ・8月28日から後半戦が始まり、パワーユニット全開率70%の高速コースのスパ・フランコルシャン(ベルギーGP)とモンツァ(イタリアGP)からスタートします。マクラーレン・ホンダは、今季の残り10トークンを活用したエンジン本体の開発(燃焼系)と燃費向上大幅バージョンアップが期待されます。ベルギーGPから逆襲の火蓋を切ることができるか・・・・。 ・フェルナンド(アロンソ)は予選で6基目のパワーユニットを導入し、更に決勝に向けてICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを交換して35グリッド降格を受け、最後尾の22番グリッドからスタートしました。しかし決勝では最後尾から7位でゴールすると言う驚くレースを見せてくれました。しかも、スパにおいてです! 最後尾からスタートし、すべての事故から身を遠ざけて、セーフティカーのおかげでポジションを上げ、赤旗でもさらに順位を上げます。コンストラクターズ選手権でトロロッソの前に出ることができたのは素晴らしいニュースでもあります。残念ながらルイス(・ハミルトン)、チェコ(ペレス)、セブ(ベッテル)を抑え切ることはできませんでした。単純に彼らはあまりにも速く、しかしバルテリ(・ボッタス)を最後まで抑え切れるだけの速さはありました。ジェンソン(バトン)は不運にもレース開始直後に後ろから当てられてしまい、リタイアとなってしまいました本当に残念無念。 ・今回はホンダのパワーユニットが本当に進歩を果たしたことを証明してくれました。今回のアップデートはICEとターボです。この2つの性能を同時に向上させるのは簡単ではありません。何故なら現在のパワーユニットは燃料流入量が毎時100kgと決まっているため、パワーを上げるにはエンジンの燃焼効率を上がるしかなく、エンジンの燃焼効率が上がると、今度は排気エネルギーが少なくなり、ターボの回生率が下がってしまいます。それをリカバーするために、これまでよりも少ない熱エネルギーで、これまでと同様の回生量を得られるようなターボを改良しねければなりません。新しいターボはストレートでよく回り、ストレートでのデプロイは長いとジェンソンも言っていました。ターボの効率だけではなく、エンジンの馬力も上がり、プラクティスモードからレースモードに変えたときの出力アップは大きく、コンマ1~2秒の進化が見られまとも言っています。

20/AUG/2016 No055 バルサvsベティス Hitoshiくんコメント

            バルサvsベティス  いよいよリーガエスパニョーラ開幕、8月20日バルサは本拠地カンプ・ノウにベティスを迎え、開幕ゴールラッシュの6-2で勝利します。 ソシオ(バルサ会員)の殆どがバカンスで居ない中での試合にも関わらず65.000人の観衆で埋まりました。観衆の大半はツーリストとの発表が御座いました。南米トリオのネイマールがオリンピックで不在、前線にはアルダ・トゥラン、ルイス・スアレス、メッシと並び、このゲームでも監督から期待されるボールの魔術師アルダ・トゥランが右足外側キックで見事な先制点を決め輝きを見せつけます。続いてメッシが得意のゴール前横ドリブルから、ゴール枠左上にドローシュートを打ち込みます。3点目はルイス・スアレスがセルジ・ロベルトからのマイナスパスをえげつない90度回転シュートをゴール左ポストギリギリに決めます(ルイス・スアレスはハットトリック)。 前半3得点の立役者はセルジ・ロベルトとジョルディ・アルバのサイドバックと言えます。サッカー関係者の意見の中に<サイドバック>の名前を聞けば何勝(優勝)出来るか予想できると言い切る人もいます。そして今日もキャプテンマークを巻いたメッシは勝利に燃える動きと、終始ゲームの起点となり、多彩な攻撃パターンを披露します。 この試合で新加入選手のユムティティ(センターバック/フランス人)がフル出場をしました。相当ルイス・エンリケ監督のお気に入りです。確かに体格と身長があり、空中戦に強く、当たり負けせず、プレーの確実性が高く、ボールを前に運べます。今シーズンどこまで定着するか楽しみです。