Entries by Barcelona Tatsujin

26/AUG/2015 No008 トマト祭り 2015

                                                                                                                                                                                        トマト祭り 2015年 (Bunol la Tomatina)          2015年もTatsujinはトマト祭りに行って参りました。日本人の方々は毎年増えて、今年は1.800人の来場者との新聞発表が御座いました。統計では一位スペイン人、二位インド人?、三位日本人でした。   トマト祭りも今年が60周年記念です。毎回受ける印象は祭りではなく正に<トマト戦争>です。このお祭りも5年くらい前から超フィーバーして約5万にくらいの人々がやってくるようになりました。それでは小さな会場(村)には全員入り切れなくなり、3年前より入場券(入場制限)の発売が始まりました。今は入場券があればトマトにも触れて十分楽しめます。トマト祭りに関するお問合せが御座いましたら、Barcelona Tatsujin HPのお問合せコーナーからお送りください。その時の写真を貼り付けでご紹介いたします。                                                                                                                                                                             

16/JUL/2015 No007 スタミナカクテル

  スタミナカクテル  暑い夏に負けない!   スペインのアンダルシア地方には伝統的な冷製スープ、ガスパチョ(Gazpacho)が御座います。野菜がたっぷり、飲むサラダとも言われています。このGazpachoとVodkaで作るカクテルが暑い夏に最高です。気分爽快で栄養満点。 (Tatsujinお勧め:必ず2~3滴タバスコを入れること) スペインではどこのスーパーマーケットでも売られており簡単に購入できます。日本でもし入手できない場合は、是非ご自身でおつくり下さい。  材料(一般的) トマト……1個半(300g) 青ピーマン……1個 赤ピーマン きゅうり……1/2本 たまねぎ……1/2個 にんにく……ご自由に 水……少量 セロリ……香りのお好きな方 <調味料> オリーブオイル……大さじ1杯 塩、胡椒少量 <作り方> トマト、きゅうり、ピーマン、玉ねぎは1cm角ぐらい、にんにくはみじん切りにします。ミキサーに(1)を入れて20秒ほどまわし、調味料を全部入れて、さらに20秒ほどまわします。味見をして、少しずつ塩やビネガーなどを足しながら味をととのえ、必要なら水を加えます。必ず冷蔵庫で冷やしてください。      

15/JUL/2015 No006 スペイン産生ハムとは / 生ハム体験ツアー

スペイン産生ハムとは?              スペインにお越しになられますと、あちこちで天井からぶら下がった大きな豚の足が生ハムです。大きいのが後足約10~15kg、比較的小さいのが前足約5kgです。また爪の黒いのがイベリコ豚、爪の白いのは普通の豚です。   太古の昔から現代に至るまでスペイン人の食生活の中心となる動物性タンパク質は豚肉でした。この豚の後足を塩漬けにし、その後塩を洗い落として厳重に管理し、微妙なコントロールを続けながら白豚で12ヶ月、黒豚で24ヶ月間乾燥させて作り上げたものです。もともと保存の目的で作り始められたものが長い年月を経ていまでは、究極の味を求めて数多くの生ハム職人が腕を競い合います。また、最近ではオレイン酸の含有量が多いと言うことで美容と健康の食品として脚光をあびています。 作り方 塩漬けにした豚の後足を水で余分な塩分を洗い流し上から吊るし、乾燥・熟成工程に入ります。この期間中に肉塊に春夏秋冬の温度・湿度変化を与え最高の乾燥状態を保ちながら豚肉自身の脂肪分が肉の中に浸透して熟成するのを見守ります。この作業は機械でコントロール出来ない職人の技術と勘だけに頼り、ここが職人の腕の見せ所になります。このため腕の良い職人は社内で最高に優遇されます。なお、黒豚が白豚熟成に時間がかかるのは肉質がしまり脂肪の浸透に時間がかかる為です。また前足も同じ方法で製造されますが微妙に味が違うためパレタと言う名前で商品化され、生ハムとは呼びません。 有効成分 生ハムは健康食品として最近は脚光を浴びていますが特にタンパク質の含有量が32%もあり食料品の中でも記録的な数字です。その上、全てのビタミンB群、人体に必要不可欠な8つのアミノ酸なども含んでいます。また、生ハムに含まれている単不飽和脂肪は悪いコレステロール(LDL)を下げ、善いコレステロール(HDL)を増やす助けをします。カロリーも非常に低いのでダイエット療法にも利用されています。とはいえ生ハムは食品です、食品の生命は味にあります。なお、減塩に慣れた日本の皆様には水分の少ない分多少塩辛く感じられる場合もありますが、塩分は通常ハムの半分以下です。   スペインでは赤ワインを飲みながら美味しい生ハムを食べるのが最高の贅沢とされています。    是非皆様もお試しください。   他にもサラミタイプが沢山ございます。 ロモ:一頭の豚から一個しか取れない背ひれ肉、直径8~10cm、長さ50~60cmを       塩、香料に漬け込み、その後腸袋に詰めて2年間乾燥・熟成させます。 サルチチョン:イベリコ豚肉をミンチにして塩、香料と練り込み、腸袋に詰めて           1年間乾燥させたものです。   ■ バルセロナの生ハム専門店<ENRIQE THOMAS>の<生ハム体験ツアー>も御座います。        下記ホームぺージからご覧頂けます。       http://www.jamonexperience.com/en/  ツアー詳細:開館 AM11:30~PM20:00 料金19euro(体験ツアー、2ドリンク、6種類の生ハム試食)  場所はRAMBLAS通り、サン・ジョセップ市場の向かい側。下記に6種類試食ハムの写真を掲載いたします。      

08/JUN/2015 No005 バルサ 3冠達成 2015

         LIGA COPA CHAMPIONS   バルサが偉業達成2度目の3冠獲得 バルサフアンとしては頬は緩み、よだれと涙まで出そうです。それに1回目の3冠から僅か6年で2度目を成し遂げたのも驚きです(サッカー史上始めて)。少し前までのバルサはちびっ子軍団と呼ばれました。MESSI、PEDRO、XAVI、INESTA、VILLAなど、みんな170cm位です。   このちびっ子軍団がどんどん勝ち進むから見ていて面白く応援したくなります。かってバルサのロッカールームには180cm以下の選手はお断りと書いてありました。サッカーはパワーとスピードが有利で強いと信じられていました。これを変えたのがバルサのパス&ゴールサッカーではないでしようか。また、これを実践したのがなでしこ軍団だと思います。これまで、なでしこは惜しいところでアメリカやドイツチームのパワーに負けてきました。しかしバルサを見てから変ったのではないでしようか。ちなみに沢選手はXAVIの大大フアンです。   書き出したら切が無いので、CHAMPIONSの試合の中から<これがバルサ>を掲載します。CLの決勝戦はスペインの王者とイタリア王者の頂上決戦となりました。ゲームは世界最高峰のプレースピードを見せつけるバルサが先取点を取ります。この点の取り方が実に素晴らしいパス&ゴールでした。ゲーム開始から右のアルベスに視線が集まっていた23分め、MESSIがコンパクトなキックモーションで左のアルバにサイドチェンジ、アルバが落として、ネイマールがキープ、この時一瞬中央に出来たスペースにイニエスタが飛び込んでラキテイッチに繋ぎ、最後はラキテイッチが左足を振り抜き先取点。このゴールで一番恐怖を受けたのはユベントスの11名のプレイヤーだと思います。スペースを与えればやられる! 逆にバルサの上手なサッカーがキラリと光った場面です。ゴール前で3回もパスを回されたら、殆ど勝負は決まったと思われました。   その後もプレ-イスタイルを変えず、後半は同点にされ更にゲームが盛り上がります。ここからが王者の風格。スアレス、ネイマールが追加点を挙げて止めを刺します。バルサの魅力は最後までゲームに緊張感と娯楽性を持たしてくれます。   優勝パレードの全容はYOUTUBEでご覧頂けます。12分にまとめられたダイジェスト版と5時間のフルバージョンがあります。最後にTatsujinが撮った写真を2枚掲載します。                    

28/MAY/2015 No004 バルセロナのアパートメントホテル

   バルセロナ♣アパートメントホテル♦ゆったり滞在   忙しいパッケージツアーを離れてバルセロナに長期滞在は如何でしようか。料金はお手頃でバスタブやキッチンも付いています。但し料金は時期により変動制となります。例えば冬場はお一人様35~50euro、夏場は50~65euro位になります。1週間あるいは10日間くらい長期滞在されますと割引きが御座います。4名様まで泊まれるお部屋も御座います。アートメントホテルの隣にMERCADONAスーパーマーケットがあります。Tatsujinホームページが予約代行、また滞在中のアドバイスも致します。 インターネット予約よりお得な料金を提供します 詳しくご覧になられたい方は下記がホームページアドレスになります。 www.aparthotelateneacalabria.com              

15/MAY/2015 No003 スペイン伝統のお菓子 TURRON

  面倒な義理お土産、ばら撒きお土産を解決     楽しい旅行に付き物が義理お土産とばら撒きお土産、これをバルセロナで済まされたら如何でしよう。Tatsujinがお勧めする安くて種類の多いお菓子屋さん<VICENS店>。店内には伝統的なアーモンドを使ったお菓子TURRON、クッキー、チョコレートが御座います。値段の高い有名店で買う必要は御座いません。 幾つかお勧め商品を書いてみます。 Bobone de chocolate 3.80ユーロ (チョコレーボンボン) Almendras rellenas (8個) 2.90ユーロ (アーモンドの丸いお菓子) Roscos de vino 4.20ユーロ (アーモンドを細かく砕いたお菓子・ポルボロン) Turron 2.20ユーロ (伝統的なタイプのアーモンドのお菓子) Surutido mini torron(10個) 13.00ユーロ (ミニturronのセット) Cataña 4.10ユーロ                      

06/MAY/2015 No002 地中海の本マグロ

  地中海の本マグロ(クロマグロ) 旬のニュース          上の写真をご覧ください。マグロは大きく分けて4種類いあり、一番おいしくて商品価値が高いのがクロマグロ(本マグロ)、目がパッチリ<メバチマグロ>、お腹の一部とヒレがが黄色い所から<キハダマグロ>、ビンが長いから<ビンナガマグロ>。クロマグロの刺身は紅い深み(深紅色)のある色、メバチの刺身はもう少し薄い紅色で身も柔らかめです。キハダはもっと身が柔らかく鮮紅色(透明感のあるピンク)、ビンナガは冴えない赤色で刺身としては商品価値が御座いません。   Tatujinは釣りと刺身が大好きです。それが理由で2000年から~2005年までバルセロナで<マグロ屋>を経営していました。当時は1年間中央市場に通いマグロの買い付けと鑑定の勉強をしました。魚屋は正に海千山千でマグロの良い時はハッキリ言いますが、良くない時は黙秘権を使います。そんな訳で最初は随分高い鑑定料を払わされました。一番多い問題は<妬けマグロ>、そして刺し傷、病気(腫瘍の塊)、マグロの処理を知らないスペイン人の漁師は網の中で大暴れをさせ、マグロの体温が80℃位まで上昇し、その熱が体内に残り身の色がドドメ色になり、これを業会で<妬けマグロ>と呼び商品価値がありません。幸運なことに途中で日本人のマグロ鑑定士と知り合い、みっちり修行をして1年後には10メートル先から見ても分かるようになりました。 これまで地中海で揚がった最大マグロは500kgと言う記録が残っています。世界最大は700kgとも書いてあります。サバは読んでいません(笑い)。マグロはサバ科の魚です。あの小さいサバが進化を遂げて700kgになるとは想像できません。 地中海の本マグロの産卵場所はバルセロナとパルマデマジョルカの間と言われています。ここにマグロが産卵に必要な水温、水深、水質(プランクトン)があるようです。地中海マグロは生まれた後大西洋に出て泳ぎ回り、死ぬまで泳ぎます。と言うのはマグロは泳ぎながらエラで酸素を補給します。止まる事イコール死ぬことになります。マグロにも回帰本能があり、1年に一回必ず地中海に戻ってきます。5~6月にかけて押し合い圧し合いで14kmのジブラルタル海峡を通過してバルセロナ沖にやってまいります。これからバルセロナ近郊の漁港では産卵前の脂の乗った美味しいマグロが沢山揚がります。Tatsujinもこれまで何百匹と言うマグロ試食しましたが、マグロだけは食べてみないと分かりません。色と艶が良いから美味しいとは断言できません。 産卵した後8月ころに獲れるマグロは栄養失調?(こんにゃくマグロ!)で美味しくありません。この栄養失調を捕まえ生簀に入れて人口餌を与えて生まれたのが全身トロマグロです。以前は日本にも輸出されていましたが、現在は日本の厚生省からストップがかかり、日本では食べれません。Tatsujinも全身トロマグロを食べたことがありますが、頭の先から尻尾まで、どこを食べてもトロでした。通常150kgを超すマグロは噛み切れない筋が残りますが、全て口の中で蕩けるます。 雑談になりますが——魚も人間も同じ回帰本能? Tatsujinも1年に一回生まれ故郷の島根県まで一生懸命帰ります。特に何もありませんが、自分の生まれた場所を確認して、またバルセロナに帰ってきます。マグロ釣り船も御座います。6時間で600ユーロ、5人乗り(2013年の料金)          

27/APR/2015  No001 Tatsujin Hitoshiくん

  27/APRIL/2015に<Barcelona Tatsujin.com>がデビユー致しました。 今から5年前にホームページの作成を決意しましたが、雑用に追われなかなか前進出来ませんでした。そして、この度制作者のHitoshi MiyamotoはwebでTatsujin Hitoshiくんとして登場致します。