おもしろ噺 再びニューヨーク

1981年1月にニュヨークを出てメキシコ、ホンジュラス、ガテマラ、エル・サルバドール、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ボリビア、エクアドル、ペルー、チリ、ウルグアイ、ブラジルと回り1981年8月に再びニューヨークに戻ってきました。

中南米旅行でニューヨークから持参した6.000ドルは全て使い果たしました。当時のアメリカは片道チケットでは入国出来ないと言う暗黙の了解(規則)が御座いました。ブラジルで買ったのは片道チケットだけ、そして持っていたのは1.000ドルのダブルチェックと現金200ドル。

ダブルチェックとは--!見せるだけのトラベーラズチェック、使えないチェックです。手持ちに1.000ドルあるときに、盗られた無くしたと警察に盗難届をだして、その盗難証明書を例えばアメリカンエクスに持って行き、新たに1.000ドルのチェックを発行してもらいます。そうすれば手持ちが2.000ドルになります。使えるのは1.000ドルだけで残りの1.000ドルをダブルチェックと呼ばれました。一か八か1.000ドルのダブルチェックとニューヨーク行き片道チケットで入国トライをしました。もしダメな場合は偽チェックでエアーチケットを買って日本に帰国する覚悟でした。入国検査でキッチリ旅行日程の説明をしました。ニューヨークでは一泊50ドルのホテルに5泊して、グレーハンドバスでロサンジェルスに行き、ロサンジェルスで数泊して、ロスからハワイ経由で日本へ帰ります。よって私は帰りのチケットを持っておらず、また手持ちの1.200ドルで十分と思われます。しばらく係官は考え込んでいましたが入国の許可をくれました。2度目のニューヨークは古巣に戻ったような気持ちで不安感は全然ありませんでした。それに中南米旅行中に知り合った日本人から泊まるところと仕事の目星は付いていました。宿は日本人たまり場<AND IN>、そして仕事は知り合いの<湘南ボーイがチーフウエイター>をしていたいろはレストランとトントン拍子に決まりました。決まったら働くだけです。相変わらず給料はゼロ、チップだけのテーブル乞食です。長い時はAM10:00~24:00まで14時間働らいたり、週に7日間働いたり、そして稼いだお金は銀行に貯金が出来ました。

この当時のアメリカ合衆国はツーリストでも銀行口座が持て、尚且つ利子が18%くらい付いた記憶が御座います。日銭は貯まらないと言う古い言葉もあるように、チップは仕事が終わると飲んで食べて消える毎日でした。実際精神的な疲れと肉体的な疲れで酒でも飲まなければその日が終われませんでした。そんな時ニューヨークのダウンタウン(ウオール街・証券街)の日本レストラン情報を聞きました。何でもダウンタウンのレストランは土、日曜日休み、労働時間もAM10:00~PM20:30。少し時間を作ってニューヨーク生活を楽しみたい気持ちもが芽生えたそんな折、ダウンタウンの歌舞伎レストランでウエイターを募集している口コミがありました。

早速面接の日取りが決まり、始めて世界の証券街<ウオール街>へ足を踏み入れました。社長は<中野 さなえ>さん。中野さんは戦争花嫁で南部の貧しい家に嫁がれたようです。そして別れて単身ニューヨークに来られ<歌舞伎レストラン>を立ち上げられました。採用は直ぐに決まり息子のように面倒をみて頂きました。まず最初はグリーンカード(永住権)を取りなさいと言う提案が御座いました。何時までも不法滞在で居る訳にもいかないので、この提案を直ぐに受け入れて、しばらく腰を据えてニューヨークに住むことを決心致しました。私のスポンサーは歌舞伎レストラン、中野さんからゲードリックと言うユダヤ人の弁護士を紹介して頂きました。ゲードリックは良く分からない大雑把な説明しかしてくれません。まずアメリカの永住権を取るには6つの申請パターンがあること、アメリカで生まれた人、親戚がいる、貢献した人、etcとあり、最後の第6セクションにアメリカが必要とする特殊技能保持者とあります。そこには日本料理板前、美容師、理容師、針、指圧などなど、彼はそこから選べと言います。それらに該当する技能を持っていないと言うと、遠回しに何か作れ!。スポンサーがレストランなので板前しかありません。私の最終学歴は写真専門学院卒です。

どうするか試行錯誤をしていると長野県伊那市の料亭<えび屋>の友達を思い出し、連絡をすると証明書を心良く承諾してくれました。送られてきたのは日本語で便せんに4行の簡単なものでした。宮本 均は何年から~何年まで間違いなくえび屋で修業をしました?!。全てうそです。それをニューヨーク日本大使館に持って行き英語に翻訳してもらい申請致しました。その時ゲードリックから運が悪いと追跡調査を受けるかも知れない、よってお互いに事実をしっかり覚えておくようにと念を押されました。幸い追跡調査はなく、1年2ヶ月後には移民局からインタビューの通知が届きました。この頃はインタビューがアメリカか日本か選べました。日本を出て5年が経つので日本を選びました。東京のアメリカ大使館で合衆国に忠誠を誓うセレモニーを行い全てが終了致しました。それから2ヶ月後にグリーンカードが郵便で送られてきました。

この後8年間ニューヨークでRICH&FAMOSを目指して働きましたが、夢が見えず、1998年1月にニューヨークからバルセロナにやって来ます。